2018/11

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<< >>


東京アンゲルスムーシカがプロジェクトしたマンフレート・ヨエックス新作

42弦ソロ・ライア(H −e’’’)プロフェショナルモデル

2xSolo-Leier
進 化 を 遂 げ た ラ イ ア
『この弓形アッパーブリッジの曲線が高音部をより美しい響きへと導き出しました!』
アッパーブリッジ
1926年エドムント・プラハトとローター・ゲルトナーの共同作業よって作られた丸型ライアはたいへん美しいフォルムをしていてその工房で学んだライア製作者にとっては容易にそのフォルムを変えることは出来なかったようです。 よって今日までゲルトナー工房から独立した個々の製作者はオリジナルライアのフォルムに合わせた弦メンズレーション(Mensuration:計測)を行い、良いライアの響きを日々探求されているようです
しかし我々東京アンゲルスムーシカがプロジェクトしたヨエックス製作のソロ・ライア(Professional Model)は元々の美しいフォルムにはできるだけ手を加えず弦の計測に基づいて調律ピン近くの内側部分を弓形に形成することでした。 この美しい弓形アッパーブリッジ曲線は個別の弦の有効弦長をより正確に計測した事により生じた産物と言えます。 よってこのソロ・ライアは特に高音部が透明で濁りのない美しい音色となり、より響きの効果をライア全体へと導きだしました。また長年ライア演奏に携わっている方々にとっては、ご自身の演奏に限界を感じさせない弾き心地の良さを実感させ、掛替えの無い友となることでしょう。ぜひお試し下さいませ。

*サイズ:57x46cm (ソプラノライアとアルトライアの中間の大きさです)

*有効弦長とは:上部ブリッジから駒までの弦測定距離。

Tokyo Angelus Musica / K・IZUMOTO
Wolfgang Friebe
Friebe